理想の上司に共通する5つの特徴

2014年09月11日

理想の上司はいますか?その理想の上司は、どんなタイプの上司でしたか?

理想の上司は、あなたが仕事をしやすい仕事の環境を作ろうとします。

理想の上司の多くは、仕事の環境は「信頼」と「尊重」が基盤であると考えます。そして毎日のコミュニケーションの中で信頼と尊重の大事さを教えるために、理想の上司自らの行動や言動をもって、チームのメンバーのお手本となるように務めています。

理想の上司とは、英語で表現するなら「GREAT Boss」です。そして、理想の上司はG/R/E/A/Tの5つをとても大事にします。

理想の上司のG:Growthー成長をうながす

理証の上司は、チームのメンバーのスキルを重んじます。チームのメンバーがより良い仕事のアウトプットをするために必要なスキルを習得促します。

そして、理想の上司は、仕事の質と仕事の効率を同時に向上するための新しい仕組みやアプローチを推奨し、より高い仕事のパフォーマンスとアウトプットを求めます。

理想の上司は仕事のパフォーマンスと仕事のアウトプットは、必ず顧客視点で見ることを求めます。チームのスタッフがお客さまにとって最高の製品やサービスが提供できることが会社の成長につながると信じているからです。

理想の上司のR:Relationshipsーお互いを尊重する

理想の上司は、チームのスタッフ同士がお互いを信頼し尊重ことによって、チーム内のより良い関係が生まれてくることを知っています。もしお互いを信頼しなかったり尊重しなければ、チームの協調性が生まれません。

信頼と尊重をチームで根付かせるために、お客さまやチームのスタッフに接するとき、チームのスタッフに礼儀正しさを求めます。この礼儀正しさがお互いの尊重につながるからです。

理想の上司は、チームのスタッフに公平さと思いやりをもって接します。同時にチームのスタッフにもそれを求めます。

理想の上司のE:Excellenceー1歩抜きん出る

理想の上司は、自分自身にもチームのスタッフにも高いパフォーマンスを求めます。

理想の上司は、チームと組織や会社との間には、結果のコミットメントがあることをよく理解しているからです。もちろんお客さまとの間にもコミットメントがあることが当然であると思っています。

理想の上司のA:Accountabilityー個々の責務を強く意識する

理想の上司は、結果を重視します。結果重視のマネージメントが、チームのスタッフの高いパフォーマンスを生み出すことにつながると考えているからです。

チームのスタッフが高いパフォーマンスを維持するためには、ゴールに対するチームのコミットメントとチームスタッフそれぞれの責務を意識する必要があります。

理想の上司による結果重視のマネージメントでは、うまく進んでおり結果がでていることを促して、うまく進まずに結果が出ないことに対して、方向性を変えるなどの改善を求めます。結果、高いパフォーマンスの維持につながります。

理想の上司のT:Teamworkーチームワーク

理想の上司は、チームが協調するには、信頼と尊重がその基盤をなすと信じています。

結果を求める組織として、チームのスタッフをお互いに競争させながら高いパフォーマンスを求めるやり方もありますが、これでは個人の能力や結果はでますが、強調したチームとしての高いパフォーマンスは見込めません。

理想の上司は、チームとしても目標を達成する、という強い意欲があります。チームの質が優れていれば、優れた製品やサービスを生み出し売上や利益がアップし、スタッフのモチベーションにつながる良い循環になることを知っています。

まとめ|理想の上司に共通する5つの特徴

もしあなたに部下がいるなら、ここで紹介したことをあなたのチームでも実践してみましょう。すべて実践しなくても、すぐに手がけられるいくつかのことからでも構いません。

あなたのチームのパフォーマンスが向上するだけでなく、製品やサービスの質がよくなり、より多くの売上や利益につながります。理想の上司としてのスタッフからのあなたの信頼も強くなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSとツイッターでも購読できます

カイロスのマーケティングブログは、RSSとツイッターでもお届けしています。みなさまのBtoBマーケティングにお役に立てる質の高いコンテンツの提供を心がけています。

RSS RSSで購読する       Twitter ツイッターで購読する

Facebookでの登録お願いします