iOS8+OS YosemiteでMacとiPhoneの連携機能を試してみました

2014年10月22日

iOS8が今週リリースされました。今回のiOS8とOS Yosemiteには多くの目玉機能があります。

特にMacとiPhoneが連携できる機能は、前々から気になっていました。早速仕事環境のiPhone, iMac, MacBookAirで連携機能を試してみました。

OS YosemiteとiOSでMacとiPhoneの連携の概要

今回のバージョンアップで、電話がMacからかけられたり、SMS/MMSのメッセージの送受信をMacからできたり、Macで利用中のアプリの状態をそのままiPhoneで引き継げるなど、嬉しい機能がいっぱいです。

iOSとOS Yosemiteの連携

これで、オフィスで仕事する時は、iPhoneはカバンの中に入れたままで仕事ができます。電話やメール、SMS/MMSの着信を気にする必要がありません。

今回は、Macから電話をする機能と、あるアプリの状態を別のデバイスで引き継ぐ「Handoff」機能について試してみました。

MacでiPhoneの電話をかける/受ける

まずは、MacでiPhoneの電話をかけたり受けたりする連携機能を試してみました。

この機能は、Facetimeで実現します。同じWiFiのアクセスポイントにiPhoneとMacが接続されていて、iCloudの同じアカウントにログインしている必要があります。

iPhoneから電話をかける

Facetimeを立ち上げて、図のように電話番号、もしくは連絡先に登録されている名称を入力します。そして、iPhoneから電話をかける、を選択するとiPhoneから電話がかけられます。

MacからiPhoneの電話をかける

MacからiPhone経由で電話をかけると、図のようなウインドウが右上に表示されます。電話を受信した場合には、受信番号か受信者名がここに表示されます。

iPhone側では、このように上部に緑色の表示が出て、iPhoneから通話中であることがわかります。

2014102202

同じWiFiのアクセスポイントに接続しているなら、iPhoneをカバンに入れたままや、少し離れた会議室などでも電話をかけたり受けたりできます。

MacのスピーカーやUSBのハンドセットを活用すれば、複数人で電話会議も可能です。

Handoffを利用する

Handoffは、Bluetoothを経由して複数のデバイスを連携させます。Handoffを利用するためには、いくつかの設定を確認する必要があります。

Mac側でHandoffを利用できるようにする

Macの環境設定の「一般」で、下図のように「このMacとiCouldデバイスの間でHandoffを許可」にチェックを入れます。デフォルトで、この機能にはチェックが入っています。

2014102213

もし、この機能が見当たらなかったら、Bluetoothを「入」にしてください。

Handoffの設定が環境設定で見当たらない場合

Handoff機能を使うためには、MacのBluetoothデバイスが、Bluetooth 4.0 /LEに対応している必要があります。Handoffの設定が環境設定で見当たらない場合には、Bluetooth 4.0 /LE対応していません。

2011年モデル以前のMacやMacBookではBluetooth 4.0 /LEに対応してないので、Handoff機能は使えません。

確認するには、Optionキーをおしたまま、画面左上のアップルメニューをクリックして、システム情報でBluetoothを選択して確認して下さい。「Handoff対応」が「はい」になっていれば、Handoffが利用できます。

2014102203

Blouetooth 4.0 /LEに対応してないMacの場合には、このように「Handoff対応」が「いいえ」と表示されます。

iPhone側のHandoffの設定

Handoffを使う場合には、iPhone側の設定も必要です。まずはBluetoothをONにした状態で、Hapndoffの設定を行います。設定から下図のようにHandoffとの候補のAppを選択します。

2014102204

続いて、Handoffを「入」にして候補のアプリを選択します。

2014102205

デフォルトで全て「入」になっていますので、そのままで構いません。

Handoff機能を使う

Handoff機能を使えるアプリは、Apple純正のアプリが中心です。今後、サードパーティのアプリもHandoff機能が使えるようになることを期待しています。

例えば、Handoff機能が使える状態で、Mac側でSafariを使っていて、そのままiPhoneでMacで見ていたWebページがiPhoneのSafariで見れます。

Handoffが使える状態でMacでSafariを使うと、iPhone側には左下にアプリのアイコンが表示されます。

2014102214

この状態から、アイコンを上にスライドしてパスワードを入力すれば、Macで使っていたアプリの状態をiPhoneで引き継げます。

仕事をしていて急に外出しなくてはならなくなった場合など、便利ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSとツイッターでも購読できます

カイロスのマーケティングブログは、RSSとツイッターでもお届けしています。みなさまのBtoBマーケティングにお役に立てる質の高いコンテンツの提供を心がけています。

RSS RSSで購読する       Twitter ツイッターで購読する

Facebookでの登録お願いします