たった6つの習慣をつければあなたの生産性がグッと向上します

2014年10月06日

生産性の向上は忙しく仕事をするサラリーマンの永遠の課題です。より短い時間でより多くのアウトプットを出せれば、より充実した給料と生活が得られるチャンスです。

みなさんは毎日夜寝て朝起きて仕事に向かいます。夜と朝の時間を少し工夫するだけで、あなたの1日の生産性がグッと向上することが知られています。

朝と夜、それぞれ3つずつ、合計6つのタスクを習慣化すれば、あなたの1日の生産性は徐々に向上し始めるでしょう。

夜:生産性向上のPDCAのための1日のレビューをする

寝る前には必ずあなたの1日のレビューをしましょう。あなたの1日の行動をレビュー&分析し、翌日の行動につなげなくては、あなたの生産性は向上しません。

ToDoリストやスケジュール帳をみながら1日の行動を見直し、明日以降の行動へと反映させましょう。

記録として4行程度の簡単な日記の残すのもオススメです。。4行日記は、「事実:今日あった出来事を振り返る」、「発見:事実から気付いたこと」、「教訓:発見から得たこと」、「宣言:自分が将来ありたい姿を宣言」から構成されます。最もシンプルですが、毎日の生産性向上のPDCAのエッセンスが詰まっています。

夜:明日のToDoリストを作成する

1日のレビューと同時に、明日のToDoリストを作成します。ToDoリストは前の日の夜に作成しておきましょう。

夜:明日の準備をしておく

あまり考える必要が無いルーティンワークは、出来る限り前日の夜に仕込んでしまいましょう。仕事の靴、シャツ、ネクタイ、スーツ、明日会社にもっていく書類、本など、かばんの中身のほとんどは前日にそろえておきます。

準備がしっかりできていれば、より良い朝がむかえられます。また、不慮の寝坊の場合などにも良い対応ができます。

この習慣は、できるだけ幼年期に身につけておくべきです。

朝:ルーチーンで朝の生産性を向上する

朝食、会社に着ていく服、起床時間など、できるだけ多くのことをルーチーン化してしまいましょう。朝食はパンとコーヒーなど、あまり考える必要がないものは、毎日同じもの、つまり「繰り返し」をします。

会社に着ていく服は、毎日スーツなら、1週間5セットをあらかじめ決定しておいたり、組み合わせをローテーションする方法もあります。朝食や着ていく服で悩まないよう、ルーチーンかローテーションを設定して、朝の支度の時間を短縮して生産性を向上します。

朝:自分のために生産性をアップするための何かする

朝の運動、新聞を読んで何か考える、勉強する、本を読む。生産性を向上することにつながるなら、なんでも構いません。朝のちょっとした「何か」が、仕事を始めるときのスタートダッシュにつながります。

生産性をアップするための何かは、たった10分から30分でも大きく仕事の生産性を向上させるようです。

朝の支度はできるだけ前日の夜に済ませて、生産性をアップするための朝の時間を有効活用するように心がけましょう。

朝:大きい仕事もしくは小さなタスクから始める

ToDoリストを手がける方法として、大きく重要なタスクから始めたほうが良いと言われています。一方では、小さくすぐに終わるタスクで仕事の調子を上げてから、大きく重要なタスクに取り組むべきという意見もあります。

あなたの仕事の生産性があがるなら、どちらの方法でも構いません。やりやすい方法を選んで下さい。

ただToDoリストを無視した無計画なアプローチだけは避けるようにしましょう。

まとめ|たった6つの習慣をつければあなたの生産性がグッと向上します

1日の生産性を向上させるためのコツは「習慣化」につきます。あまり考えたり悩んだりする必要が無いことは、思い切ってルーチーン、もしくはローテーションにしてしまいましょう。そして、ToDoリストを使って、昨日よりも成長した明日、先週よりも今週、を目指しましょう。