SEOキーワードの選び方〜購買行動とマッチしたキーワードで売上が伸びる

2014年05月22日

SEO(検索エンジン最適化)はコンテンツマーケティングや企業のWebサイトへの訪問者を増やす手法のひとつです。

効果のあるSEO対策で、狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されれば、あなたのWebサイトにもより多くの訪問者が期待できます。SEOでは狙うキーワードと、それに対するSEO対策で決まります。

SEOキーワードでも、売り上げにつながるものと、そうでないものがあります。売り上げにつながるSEOキーワードとはどのようなものでしょうか?

SEOキーワードとは

SEOキーワードとは、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索サイトから情報を探す時に入力する語句(キーワード)です。検索サイトは、ユーザーが入力したキーワードに対してふさわしいWebページの一覧を検索結果として表示します。

SEO対策で、あるSEOキーワードで検索結果の上位に表示されるためには、そのキーワードで上位に表示するにふさわしいコンテンツをあなたのWebページで提供します。

例えば、SEOキーワードが「SEO キーワード 選び方」である場合を例に考えましょう。

検索サイトへの利用者は、SEOキーワードの選び方を知りたくて検索サイトへとSEOキーワードを入力します。SEOキーワードを入力した検索サイトの利用者のニーズは「SEOキーワードの選び方が知りたい」となります。

したがって、このSEOキーワードの検索結果の上位に表示されるコンテンツは、SEOキーワードの選び方について説明するるWebページになるべきです。

このようにSEOキーワードには検索サイト利用者のニーズが反映されています。

SEOキーワードと購買行動段階

SEOキーワードに見られる検索サイト利用者のニーズから、購買行動の段階が推測できます。SEOキーワードとしてより一般的な情報の収集をしている場合には、購買意欲はまだまだ小さいのですが、より具体的なソリューションや製品を探す段階になれば、いよいよ購買に近くなります。

SEOキーワードと購買段階の関係

例えば、SEOについて理解を深めようとしている企業のマーケターがいるとします。まず最初にSEOについて、その傾向や動向をしらべながら、もし自社でSEO対策をしっかりした場合の事業への効果を把握します。SEO対策の効果がわかればわかるほど、徐々に購買への意欲が高くなります。

さらにSEOの具体的な手法を調べ、購買行動をすすめます。SEO対策の具体的な方法を理解し、もし自社のちから出SEO対策に対応しきれないと判断した場合には、おそらくSEO業者を探します。具体的に来社してもらいながら、アドバイスを貰いたい場合は地域を限定することもあるでしょう。

SEO対策をして見込み客を獲得したい場合には、必ずSEOキーワードと顧客の購買行動の段階を想定しなくてはなりません。SEOキーワードと購買行動をマッチさせたコンテンツを提供する必要があるからです。

SEOキーワードと見込み客の購買行動を意識しながら、SEOキーワードを洗い出していきます。同じSEOキーワードを含んでいても、購買行動段階によっては異なる複合SEOキーワードを選定してきます。

SEOキーワードと購買行動の段階を意識しながらSEOキーワードを洗い出していきましょう。

SEOキーワードを洗い出す

SEOキーワードの洗出しにはGoogle AdWordsキーワードプランナーが便利です。Google AdWordsキーワードプランナーは、Google AdWordsが提供するひとつの機能です。

Google Adwordsキーワードツール

ここではGoogle AdWordsキーワードプランナーの使い方を簡単に説明します。

まず、Google AdWords(キーワードプランナー)にログインして、キーワードプランナーの「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックすると下図の画面が表示されます。

SEOキーワードの選び方

一番上の「宣伝する商品やサービス」に、SEOキーワード候補を入力します。「候補を取得」ボタンをクリックすると、おおよその検索ボリュームが表示されます。

SEOキーワードの検索ボリュームが表示されたら、「キーワード候補」タブをクリックします。

SEOキーワードの選び方

この画面で、目的のSEOキーワード「SEOとは」と、それに関連するSEOキーワードが表示されます。エクセルなどで整理したい場合には、「ダウンロード」ボタンをクリックすれば、SEOキーワードの候補一覧がCSV形式でダウンロードできます。

この画面で表示される関連するSEOキーワードを、先ほどと同様に「宣伝する商品やサービス」に新たなSEOキーワードとして入力すれば、さらに関連するSEOキーワードが抽出できます。

ここで表示される月間平均検索ボリュームは、このSEOキーワードのGoogleでのおよその検索回数です。検索回数が多いSEOキーワードで一番上に表示されれば、より多くの訪問者をあなたのWebサイトに誘導できる可能性が大きくなります。

ターゲットとするSEOキーワードを選ぶ

洗いだしたSEOキーワードの一覧から、狙うSEOキーワードを選びます。

通常、1つのWebページに対して1つのSEOキーワードを選びます。1ページに1つの事について書かれている方が、コンテンツとしては質が高くなりやすく、検索結果の上位に表示されやすくなります。

検索回数が多いSEOキーワードには競合が多い

SEOキーワードは検索回数が多ければ良いわけではありません。検索回数が多いSEOキーワードは、あなたの競合WebサイトもSEOキーワードとして狙っているはずです。その場合、当然検索結果の上位表示の難易度があがります。

先ほどの関連性の高いキーワード一覧で、「競合性」という欄があります。検索連動型広告表示の際に最上部に出すための難易度を示していますが、SEOキーワードの競合の多さを示す指標としての参考になります。

SEOキーワードを選ぶ時には、検索回数はおおいものの競合が少ないものを選び出しましょう。

コンテンツとマッチしたSEOキーワードを選ぼう

例えば「SEOとは」というSEOキーワードを選んでいるにも関わらず、あなたの会社が提供するSEOソリューションのコンテンツを提供しても、検索サイト利用者のほしい情報には合致しません。検索サイトの利用者は、SEOについての概要や解説を探しており、具体的なソリューションや製品は探していないからです。

SEO対策をする前に、BtoBの購買行動の一連の段階に最適なコンテンツを提供することをお薦めします。

まだまだ購買意欲が十分ではない訪問者を見込み客化し、リードナーチャリングで購買意欲を高めるマーケティング活動もできます。購買行動の序盤からあなたの会社や製品、ソリューションについての認知度も高くなります。

SEOキーワードの観点からも、購買行動の序盤にあたるキーワードは検索回数も多く、難易度が低い場合が多くなります。このようなSEOキーワードでは検索サイトの検索結果で上位表示の可能性が高くなり、より多くの訪問者を見込めます。

SEOキーワードを分類する

SEOキーワードを洗いだしたら、次に購買行動の段階別にSEOキーワードを分類します。

類似するSEOキーワードをまとめたり、調査段階、課題の形成、解決策の模索、解決策の決定などの購買行動のそれぞれの段階に利用するだろうSEOキーワード群へと分類します。

各購買段階に含まれるSEOキーワードがさらに分類できそうな場合には、同じ購買段階内でSEOキーワードを分類したほうが便利です。

最終的に分類されたキーワードに対して、あなたのWebサイトのコンテンツを作成していく、もしくは既存のコンテンツを編集していくことになるからです。

購買行動を意識したSEOキーワードを選ぼう

SEOキーワードは月間検索数や難易度だけから選ぶべきではありません。見込み客の購買行動を意識したSEOキーワードを選び出すようにしましょう。

多くの会社では、購買に近い行動を示す見込み客むけのSEOキーワードに対応するコンテンツはありますが、まだまだ購買から遠い見込み客のためのSEOキーワードに対応できるコンテンツが無い場合があります。このような場合には、ビジネスブログなどを立ち上げて、製品やサービスに関連する役立つ情報を提供してもよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加