担当者必見!ブランドを創るコンテンツマーケティングの3つのツボ

2014年07月31日

コンテンツマーケティングでは、企業の情報発信を通じて、コンテンツがその企業のブランドを形作ります。コンテンツマーケティングで提供されるコンテンツを通じて、あなたの会社が認知され、気に入られればブランドとして認知されます。

質の高いコンテンツこそがあなたの会社のブランドを創ります。

ブランドを通じて市場や見込み客との長期にわたる良好な関係が構築されれば、あなたのビジネスのあらゆる場面でブランドが有効に作用します。

コンテンツマーケティングとブランドの関係の現状〜なぜコンテンツで

コンテンツマーケティングで企業が提供するコンテンツでは、ターゲットに設定されたペルソナの興味や関心を非常に強くひきつけたいものです。このような良質コンテンツは、企業や製品・サービスの認知、そしてブランドにも影響をもたらします。

コンテンツマーケティングで企業や製品・サービスのブランドを形成することは決して簡単ではありません。ブランドは、それを形作るためのツールやチェックリストがなかなか存在しないだけでなく、明確になった手法やプロセスのルールや、コンテンツマーケティングの黄金則もありません。

コンテンツマーケティングは、まだまだ担当者の経験や勘に頼っている面が多いと感じます。

しかし、コンテンツマーケティングを通じてブランド認知や形成を目指す担当者が着目するポイントを抑えれば、あなたもコンテンツで独自のブランドを構築できるでしょう。

以下、ブランドを創るコンテンツマーケティングで守るべきポイントを3つにまとめました。

1. コンテンツでターゲットのペルソナを完全に魅了する

コンテンツマーケティングでは、提供するコンテンツでターゲットのペルソナの興味・関心を非常に強く掻き立てなくてはなりません。そしてターゲットのペルソナをあなたのブランドの中に取り込みます。

コンテンツマーケティングで提供する良質なコンテンツは、あなたの会社や製品・サービスに関連する、他ではなかなか入手できないものであるべきです。コンテンツマーケティングを通じて、独自に学び取ったビジネスの教科書には載っていない知見やノウハウを提供することによって、独自のブランドが創りだされます。

あなたが提供するコンテンツに気付いたターゲットが、仕事の手を止めてあなたのコンテンツをじっくり読み、その内容に関心を持ち、その分野であなたの会社や製品・サービスのブランドをもっと気にかけるようになることが、コンテンツマーケティングの究極的な狙いです。

コンテンツマーケティングを通じて、あなたのコンテンツに魅了されたターゲットのペルソナと、長期の良好な関係が期待できます。

2. トレンドやバズにこだわりすぎない

コンテンツマーケティングを通じてブランドを創りだす時には、コンテンツや主張の一貫性が不可欠です。

一時的なトレンドに固執したり、バズを巻き起こすための行き過ぎたコンテンツは、長期に渡ってターゲットとの友好な関係を作り出したいBtoBのコンテンツマーケティングにはあまりふさわしいとは言えません。

コンテンツマーケティングを通じて、あなたのターゲットをあなたのブランドに取り込むためには、ターゲットに対する訴求力と、ターゲットのビジネスをより良くするためのアイデアを創出することが必要です。その中であなたの会社のブランドを生み出すためには、ターゲットがあなたのコンテンツを一目見て、あなたの会社が提供するコンテンツだとすぐに認知してくれることです。

コンテンツマーケティングで提供されるコンテンツのメッセージや主張に一貫性が無ければ、あなたのコンテンツのブランドにターゲットが共感してくれないだけでなく、ファンを失ってしまう結果に終わることもあります。

コンテンツマーケティングのコンテンツの一貫性がなければ、あなたのコンテンツにブランドは創りだされません。

3. 「自分」が見いだせるコンテンツを創る

コンテンツマーケテイングで提供するコンテンツは、特定のターゲットを設定して、そのターゲットに本当に役に立つ有益な情報を提供します。

ターゲットの設定では、ペルソナが便利です。

ペルソナの設定を絞り込むとターゲットが狭くなりますが、コンテンツマーケティングであなたが提供するコンテンツの内容が、「わたし」向けに書かれているとより強く感じるようになります。ペルソナの設定をより細かく、まるでドラマの主人公のように人物像を描き出すのはそのためです。

コンテンツマーケティングでのターゲットが、あなたのコンテンツの中に「自分」を感じることができれば、十分な質のコンテンツを提供できているといえるでしょう。

まとめ|成功するコンテンツマーケティングのために

コンテンツマーケティングには、確立したプロセスや手順はありません。しかし、マーケティングの基本を抑えれば、コンテンツマーケティングにも成功の糸口がみえてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加