パレートの法則とは?1分できっちり理解するのまとめ

2018年04月23日

パレートの法則はビジネスではよく登場する言葉であり、誰もが覚えておきたい用語です。

パレートの概要を簡単に理解できるよう、パレートの法則のポイントをまとめました。みなさまのご参考になれば幸いです。

1.パレートの法則とは?

パレートの法則は、2割の要素が、全体の8割を生み出しているというばらつきの状態を示します。パレートの法則は、「20:80の法則」、「パレート分布」などとして同じような意味合いを持って使われることがあります。

パレートの法則は、確かな論理や理論から成り立っているというよりも、ビジネスやわたしたちの生活の中で起きた経験から導き出された経験則です。

パレートの法則とは
ある事象の2割が、全体の8割を生み出しているという状態を示す経験則である。

2.パレートの法則の例

パレートの法則は、さまざまな事象に当てはまります。みなさんにもこのようなパレートの例に心当たりがあるでしょう。

パレートの法則の主な例

  • Webサイトは、2割のページにサイト全体の8割のアクセスが集中する
  • 売上げの8割は、全体の2割の顧客で占めている
  • 売上げの8割は、全体の2割の製品で占めている
  • あるソフトウエアの利用者の8割は、全体の2割の機能しか使っていない
  • 勤務時間の2割で、その日のアウトプットの8割を実現している
  • これ以外にも、あなたが思いつくパレートの法則はありますか?

    3.パレートの法則を活用して売上アップをねらう

    パレートの法則は、営業マーケティング戦略、事業戦略を立案する場面で活用できます。

    パレートの法則をうまく活用するためには1つだけ注意点があります。パレートの法則は、例えば売上データと売上単価の分析をすることが目的ではない、ことを理解するようにしましょう。

    3-1.パレートの法則で導かれる分布をあらかじめ予想する

    あなたがもし新規事業の立ち上げを担当しているとしましょう。あなたが取り扱う製品の売上と顧客数の分布はどのようになりますか?

    パレートの法則に従えば、販売前からおおよそあなたの製品の売上は、2割のお客さまが8割の売上をしめる結果が予想できます。

    パレートの法則を用いて予測した結果、売上の8割を占めると思われる上位2割のお客さまと下位8割にお客さまをセグメンテーションして、それぞれ適した営業やマーケティング施策があらかじめ計画できます。

    マーケティングでよく使うセグメンテーションについて
    マーケティングや事業戦略策定でよく使うセグメンテーションについては、「セグメンテーションの基本事項とその手順〜マーケターが覚えておくべきセグメンテーションの手法」でまとめました。ご参考になれば幸いです。

    3-2.パレートの法則の分布を考慮して施策を計画する

    パレートの法則を活用すれば、お客さまの購買分布がおおよそ予測できます。購買分布によってセグメンテーションされるお客さまへの施策までをあらかじめ計画できることが重要です。

    パレートの法則の上位2割のお客さまには、複数の営業担当者がお客さま側の購買や利用に関係者と接触する営業アプローチや、ていねいなサポートを提供するなど、社内のマンパワーを集中せることが一般的です。会社のリソースをパレートの法則の上位2割のお客さまに集中することで、このお客さまとの取引を継続させることが目的です。

    パレートの法則の下位8割のお客さまには、電話やメールなどを活用して、コミュニケーションにかかるコストを効率化する傾向にあります。

    4.パレートの法則で仕事の生産性をグッと高める

    パレートの法則の使い方を応用して、あなたの仕事のアウトプットの質を高めるヒントをご紹介します。

    あなたが上司から、緊急の仕事を依頼されました。締め切りは本日中。まだ5時間ほど時間が残っているとします。

    このときに最初の20%の時間を使って、仕事のアウトプットの全体像を考えます。作業の途中で新たな問題が出てきたりするため、仕事のアウトプットの全体像はパレートの法則に従えば、おおよそ8割の正しさになるでしょう。

    おおよそ8割程度の正しさがあれば、上司に確認や相談ができます。パレートの法則をちょっとだけ応用して、仕事のやり方を工夫することで、あなたの仕事の生産性の向上にもつながります。

    5.さいごに

    パレートの法則は、○○の分布はそもそも結果的にこうなるのだから、あらかじめこういう施策を計画しておこう。などと使うことをお勧めします。パレートの法則は論理や理論ではなく、経験則であることをしっかりと理解しておくことがポイントです。

    パレートの法則をうまく活用して、マーケティング戦略や営業戦略、各種プランの策定に活用しましょう。