エコシステムとは?仕事でよく耳にするキーワードの解説

エコシステムとは何か?特にITや通信を中心にして「エコシステム」という言葉をニュースやビジネス・経済の雑誌などでよく耳にします。

エコシステムは「Ecosystem」であり、もともとは自然界における生物と、それを取り巻く環境が相互作用しながら存続する、生産・消費・分解による循環から成り立つ、バランスのとれたモデル全体を表現しています。

エコシステムという言葉は、ビジネスや経済で使われた場合、いったい何を意味するのでしょうか?エコシステムの例を示しながら、「エコシステム」という言葉の意味を考えていきましょう。

エコシステムとは?

エコシステムは、元々は生態系の用語です。ある領域(地域や空間など)の生き物や植物がお互いに依存しながら生態を維持する関係のようすをエコシステムと呼びます。

英語圏を中心に発展してきたITや通信業界では、英語の「ecosystem」という言葉で、業界や製品がお互いに連携することで大きな収益構造を構成するさまを表現します。「ecosystem」がそのまま日本語で「エコシステム」と表現されることが多く、日本でもエコシステムという言葉を耳にするようになったのではないでしょうか。

IT分野の歴史からみるエコシステムの意味

1990年代以降にインターネットが登場してからは、コンピューティングとネットワークの組み合わせにより、提供できるサービスの幅が格段に広がりました。

かつては国内でも海外でも大手企業が1社で、大きなシステムを提供してきましたが、急速な技術の発展とグローバル化の中で競争力を保てなくなりました。

コンピューターの歴史でも、かつての垂直統合型の古いアーキテクチャから、インテル、マイクロソフト、シスコシステムズなどがそれぞれ提供するサービスの組み合わせによって、安く便利で広く普及した現在のサービス形態の基盤(プラットフォーム)となりました。広義で使われるインターネットとも言えるでしょう。

インターネットは、その後、イノベーションの基盤として、世界中のいろいろな企業がそれぞれの技術やサービスモデルを持ち寄り、共存共栄と相互作用をしながら、現在のインターネットの形となりました。

各社の製品の連携やつながりによって成り立つ全体の大きなシステムを形成するさまを「エコシステム」と表現されるようになりました。

ITの技術面で見ると、エコシステムはそれぞれの製品からのデータ出力と入力により、全体のITシステムとして連携するさまを指します。

ビジネスである以上、各社の製品がお互いに連鎖することで収益構造というある意味の経済圏をなします。これが生態系のエコシステムとなぞらえているのでしょう。

よく聞く事例からみるエコシステム

エコシステムの例は非常にたくさんあります。いくつかのよく聞く例をとって考えてみましょう。

アップルのエコシステム

アップルのエコシステムは、アップルの製品群、端末、アプリなど、それぞれが考えられます。

iPhoneでは、チップセット(シリコン)、内臓カメラ、スクリーン、組み立て、販売など、多くの企業が携わっております。このように各企業や各デバイスが連携しているため、ひとつのエコシステムと言えます。

また、iPhone、iPad、iMac、MacBook、iTunes、Apple TVなど、製品それぞれの持つ役割と提供価値(バリュー・プロポジション)によって、消費者のデジタルライフにおける、ひとつのエコシステムを提供しています。利用者からみた価値観の点で、それぞれが連鎖していることからエコシステムと呼ぶことができます。

iTunesでは、アップル以外の企業が提供するアプリケーションや楽曲、映画なども組み合わせてエコシステムを形成しています。

いずれの例でも、アップルが中心となって協業と分業により、多くの消費者の心を鷲掴みにするエコシステムを作っています。

クラウドのエコシステム

エコシステムのもう一つの例で、クラウドを考えてみましょう。先ほどのアップルの例と異なり、クラウドは企業ではありません。

クラウドのエコシステムは、非常に早い技術の発展と仕組みの変化が特徴です。ネットワーク、ハードウエア、OS、ミドルウエア、アプリケーション、仮想化の仕組みなど、多くの協業と分業が入り交じっています。

クラウドのエコシステム上の企業は、インタフェースを介して関連技術やサービスの連携をしています。このインタフェースの決まりに独自性が少なければ少ないほど(オープンであるほど)、エコシステムが広がりやすくなります。

クラウドにおけるエコシステム
クラウドサービスでは、各社がデータ連携の仕様(APIとも呼ばれる)を公開することで、お互いのサービスが連携できます。経済的収益の観点や、利用者のバリューの観点、ITデータ連携の観点など、さまざまな意味合いで「エコシステム」と呼ばれることがあります。この意味では、確かにエコシステムはバズワードであるかもしれません。

オープンなエコシステム上では、絶えずイノベーションがおこり、新たな技術やサービスが生まれます。これにより、エコシステムは急速に発展します。

エコシステムの増殖は、市場の規模によって制約を受けます。市場が大きければ、競争優位性を求めて分業と協業が広がります。

エコシステムが急速に発展し、エコシステムのある部分が大きな利益を生み出すと、買収などによって独占が生まれることもあります。

エコシステムのまとめ

エコシステムは最近では協業モデルを表す言葉として、少々バズワード化していると揶揄されています。ただ、この言葉の裏にある文脈を考えてみると、なるほどなぁ、と思わされます。

ビジネスにおけるエコシステムは、協業・分業・連携・イノベーションがキーワードですが、その裏で消え行くプレイヤーがいることも忘れてはいけません。生態系の変化を読み取り、企業がその変化に如何に追従していくか、はまさに生態系そのものと言えます。

(この記事は、2014年1月22日に書かれたものを再編集しました)

この記事の参考資料

業務ですぐに活用できるよう、使い方と注意点を解説しています。