マーケティングオートメーションとは?一番わかりやすい入門編

マーケティングオートメーションはここ数年で徐々に知られ、今ではマーケティングや営業の担当者がおさえておきたいキーワードの代表格です。

マーケティングオートメーションとはどのようなもので、どうやって活用するのか?そして自社でマーケティングオートメーションを導入するなら、ここをおさえておきたい、というポイントをこの記事にてまとめました。

みなさまのマーケティングオートメーションの理解の助けになれば幸いです。

この記事のもくじ

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションの概要、つまり、マーケティングオートメーションとはどういうもので、誰がよく使っているのかという疑問にお答えしてまいります。

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、デジタル領域において、従来の販売促進や営業に関わる業務を効率化や、従来は実現できなかったデータ連携などにより販売促進や営業活動に関わる業務を実現するためのITシステム(クラウドサービス)です。

最近は、マーケティングオートメーション(Marketing Automation)は、英語の頭文字をとって「MA(エムエー)」などと呼ばれることがあります。

マーケティングオートメーションには主に3つの役割があります。

見込み客を集め、見込み客の購買意欲を刺激し、十分に刺激された購買意欲を持つ商談にすぐにつながる見込み客を抽出する、ことがマーケティングオートメーションの主な役割です。

マーケティングオートメーションの全体像を理解するためには、各社が提供する機能に着目するよりも、マーケティング・販売促進や営業活動の「業務」や「タスク」に着目することをオススメします。

マーケティングオートメーションを導入することで、業務の生産性が改善し、その結果、それまで手がけることができなかった新たな仕事ができるようになります。そのため、マーケティングオートメーションを導入した結果、売上アップにつながります。

マーケティングオートメーションの主な利用ターゲット

マーケティングオートメーションは、営業活動が販売プロセスに必要不可欠な事業での導入が進んでいます。法人営業が欠かせないBtoBマーケティングや、BtoCでも不動産販売や保険業など「営業活動」のプロセスがあるビジネスに最適です。

BtoBマーケティングの基本
担当者なら絶対に覚えておきたいBtoBマーケティングの基本については「BtoBマーケティングで知っておくべき8つの要諦」でまとめました。合わせてご覧くださいませ。

これまで人的営業活動に依存していた領域でも、デジタルマーケティングを取り入れることで、効率よく商談を発生させたり、お客さまのニーズを顕在化させたりする取り組みが増えてきました。

この人的に頼っていた営業活動や販売促進の業務プロセスを定め、デジタルマーケティングで効率化、可視化する目的でマーケティングオートメーションを活用する傾向にあります。

マーケティングオートメーションを導入した企業では、「初めまして。から始まる営業の訪問が減った」とか「マーケティングオートメーションを導入することで、スタッフを増やすことなく問い合わせが数倍になった」という声をよく耳にします。

人的営業活動がないオンライン通販などのBtoCビジネスでは、ECシステムにマーケティングオートメーションの機能を自社開発で組み込んでいたり、APIによるカスタマイズ連携により実現したりするケースもあります。

マーケティングオートメーションと相性の良い業態の見極め方
マーケティングオートメーションは、業種や業態、マーケティングオートメーションが提供する機能から判断するよりも、その企業の業務プロセスに着目することで、マーケティングオートメーションとの相性がよくわかるようになります。

マーケティングオートメーションの市場

マーケティングオートメーションの市場には、2018年現在で数多くの製品があります。わたしたちカイロスマーケティング株式会社がマーケティングオートメーション「Kairos3」の販売を手がける中でも、30以上のマーケティングオートメーション製品を確認しております。

米国のマーケティングオートメーション市場の歴史

当社が設立した2012年当時には、国内で開発されたマーケティングオートメーション製品はまだありませんでした。先行して米国ではマーケティングオートメーション製品を開発するスタートアップ企業が数社ありました。

マーケティングオートメーションはすでに米国で先行していました。2000年以前から、Unica(後にIBMに買収)やEloqua(後にOracleに買収)がマーケティングオートメーションをすでに提供していました。のちの2010年くらいまで、Eloquaですらアジア地域の販売代理店はマレーシアに拠点を構えるある企業だけでした。

2012年頃の米国のマーケティングオートメーション市場では、IBMがUnicaを買収したことをきっかけに、2014年くらいまでに同業種の買収が進み、おおよそ今の市場構図になりました。

米国では、マーケティングオートメーションを企業が自力で導入するというよりも、コンサルタントが企業にマーケティングオートメーションを提案・導入するパターンが一般的です。

国内マーケティングオートメーション市場の始まり

2014年くらいから、米国のマーケティングオートメーションを取り扱う企業が日本法人を設立したり、国内の販売パートナー企業が躍動したりという形で、徐々に日本国内にもマーケティングオートメーションの波が押し寄せてきました。

当社のマーケティングオートメーション「Kairos3」
当社のマーケティングオートメーション「Kairos3」には、マーケティングオートメーションの中核となる機能が2012年から実装されていました。ところが、マーケティングオートメーション自身の認知が当時は不十分で販売戦略上、「Webトラッキング機能を搭載したメール配信ツール」としていた経緯があります。

それまでメール配信機能やIPアドレスによるアクセス解析をメインにしていた製品も、機能追加することで、自社製品をマーケティングオートメーションへと変貌させていきました。同時にいくつかのマーケティングオートメーションのスタートアップも国内で誕生しました。

国内のマーケティングオートメーション市場の立ち上がりには、大きな広告費用を投下した米国マーケティングオートメーション企業の国内参入によって認知が広まったとも言えます。

購買行動の変化がマーケティングオートメーションのニーズを創った

その一方で、国内企業の購買行動が変わってきたことも、国内マーケティングオートメーション市場の立ち上がりを大きく後押ししました。

2016年のある調査データによると、お客さまが営業担当者に製品説明を依頼する時には、約8割のお客さまがすでに購入する製品を決めているか絞り込んでいるそうです。

購買行動中のお客さまのほとんどが、インターネットで製品情報を検索し購入する製品をあらかじめ絞り込んでいるのです。

購入する製品情報を探している時だけでなく、購買活動のあらゆる局面で当該製品のWebページを訪れます。同僚との情報共有、上司への報告、購入に関する稟議書の作成、決済が下りて導入する際などでも製品のWebページで情報を収集したり整理したりします。

マーケティングオートメーションは認知から普及段階へ

以前はカスタム型のBIツールとも取れるようなプロ仕様のマーケティングオートメーションが主流で、導入には全社規模の決済が必要なほど高額なシステムでした。

クラウド型のマーケティングオートメーションが登場するにつれて、導入時の負担が減り、使った分の利用料金が発生する形になりました。

マーケティングオートメーションの利用金額が下がってきたことと、マーケティングオートメーション製品が市場で増えたことにより、市場におけるマーケティングオートメーションの認知が広がってきました。

マーケティングオートメーションの導入事例などの、マーケティングオートメーションの利用に関する情報も増えたことも、マーケティングオートメーションの認知と普及に貢献していると言えます。

マーケティングオートメーションの国内市場

調査会社のデータからみても、今後も引き続きマーケティングオートメーションの市場は伸び続ける見込みです。

マーケティングオートメーションの市場は、向こう数年の間に、約2倍になる見通しです。マーケティングオートメーションの市場拡大は、マーケティングオートメーションの利用者が増えることが主な要因と考えています。

マーケティングオートメーションの活用例と主な機能

マーケティングオートメーションについて理解を深めるためには、マーケティングオートメーションが提供する機能に着目するよりも、みなさんの販売促進プロセスや営業プロセスに照らし合せることをおすすめします。

ここでは、代表的な6つの活用例と、各活用例で必要なマーケティングオートメーションの機能を合わせて紹介していきます。

見込み客情報を効率よく獲得する(リードジェネレーション)

あなたのWebサイトへの訪問者の連絡先情報を獲得するために、例えば問い合わせフォームなどの設置をすることが一般的です。みなさまのWebサイトにも、問い合わせフォーム以外に、メルマガ登録用、セミナー申込み用、資料ダウンロード用などの各種フォームが設置されているでしょう。

一般的にフォームの作成は、専門業者にお願いするケースがほとんどです。フォームの作成は、通常のWebページを作成するよりも手間と費用がかかります。

「セミナーの集客を今すぐ始めたい」のでフォームを今すぐ設置したい。販売促進の現場だとこのような要望はよく耳にします。

マーケティングオートメーションには、Webブラウザ上でマウス操作を中心に簡単に作成できるフォーム作成機能があります。作成したフォームは、あなたのドメイン名で運用することも可能です。

マーケティングオートメーションで作成したフォームを問い合わせフォームとして利用する場合には、流入分析や行動履歴の記録機能が便利です。これらの機能については次のセクションで説明します。

その他にもWebページ上でポップアップを出す機能を持つマーケティングオートメーションもあります。ECサイトやBtoC向けのWebサイトを中心としてニーズがあります。

見込み客を効率よく獲得するための機能

  • マウス操作中心に簡単にフォームが作成できる
  • 一定料金で無制限に作成可能なフォーム
  • 自社のドメインが適応可能なフォーム
  • 流入分析や行動履歴の記録
  • 顧客の情報と行動を管理する(リード管理)

    マーケティングオートメーションでは、顧客管理機能が一番特徴的かもしれません。これまでのCRMのように見込み客の連絡先などの情報を管理するだけでなく、見込み客のWeb訪問や展示会・セミナー出席、過去のメールの開封の有無などの行動まで記録します。

    前述のマーケティングオートメーションのフォーム機能を合わせて使うと、あなたのWebサイトから見込み客が問い合わせする直前に閲覧していたページがわかります。

    問い合わせ直前の見込み客の行動には、見込み客が問い合わせ時に語らない「ニーズ」に関する情報がたくさん含まれています。問い合わせ時にニーズをしっかりと予測できれば、その後の営業活動を効率的に進めることができます。

    その他にも、特定Webページを閲覧した見込み客の抽出、その見込み客に自動的にメールを送信、行動を購買意欲として数値化するスコアリング、などもマーケティングオートメーションの特徴的な機能です。

    マーケティングオートメーションのスコアリング機能
    マーケティングオートメーションのスコアリング機能については、「リードスコアリングを始める前にしっかり理解しておくべきリードスコアリングの基礎」でまとめました。合わせてごらんくださいませ。

    マーケティングオートメーションは、顧客管理+行動としてリード管理できること、そして行動を数値(スコア)として置き換えることができること、さらにある一定条件を満たすリードを抽出できることが特徴的な機能です。

    マーケティングオートメーションのリード管理

  • 見込み客の連絡先と行動の両方が記録できる
  • 見込み客の行動を数値に置き換えることができる(スコアリング)
  • ある特定の行動をとったリード、スコアがある一定以上のリードを抽出できる
  • SFAや名刺管理ツールとリード情報の連携ができる
  • 見込み客を営業案件候補に育てる(リードナーチャリング)

    マーケティングオートメーションのリード管理機能とメール配信機能をうまく組み合わせて、見込み客を営業案件候補に育て上げます。マーケティングオートメーションの世界ではこの機能を「リードナーチャリング」と呼びます。

    リードナーチャリングをもっと知りたいなら
    リードナーチャリングの基本を70ページの無料PDF「リードナーチャリングの手引き」にまとめました。無料にてダウンロードが可能です。

    リードナーチャリングでは、特定行動をした見込み客やスコアがある一定以上の見込み客に、あらかじめ設定したメールで適切な情報を届けることで、見込み客の購買行動を後押しします。

    マーケティングオートメーションには、この一連の機能を自動で実行する「シナリオ」機能があります。シナリオ機能はマーケティングオートメーションの利用者から高い評価を得ています。

    メールだけでなく、営業案件候補を育てるために電話で見込み客に接触することもあります。その際の見込み客とのやりとり、得た情報を記録するための機能も便利です。SFA機能がマーケティングに実装されているツールもあります。

    見込み客を育てる(リードナーチャリング)の機能

  • スコアリング
  • シナリオ機能(自動実行機能)
  • 対人接触の履歴を記録できるSFA機能
  • 良質な営業案件候補に素早く接触する

    マーケティングオートメーションを利用する主な目的の1つに営業案件の創出があります。マーケティングオートメーションでは、スコアリングや特定の行動を抽出する機能があります。

    マーケティングオートメーションで営業案件候補をして抽出されるリードを「ホットリード」と呼ぶことがあります。ホットリードは今すぐ営業接触すべきリードであり、素早くホットリード情報を営業担当者に引き渡す必要があります。

    マーケティングオートメーションのホットリードを営業担当者に引き渡すためには、メールによる通知に加えて、SFAとの自動連携も便利です。

    的確にホットリードを抽出するために、スコアは期間や設定を柔軟にできることが欠かせません。また、マーケティングオートメーションによる行動のトラッキングは、ある特定のドメインだけでなく、自社が運営する複数Webサイト(複数ドメイン)をまたいで記録できる方が便利です。

    良質な営業案件候補に素早く接触するための機能

  • 期間指定や複数ドメインでも計測可能なスコアリング機能
  • ホットリードの条件設定でそのリストを通知できる
  • SFAと簡単に連携できる
  • 自社のマーケティング活動(オフライン)を効率化する

    マーケティングオートメーションはデジタル領域以外の非デジタルにおけるマーケティング活動にも活用できます。代表例は、自社のセミナー運営です。

    マーケティングオートメーションを、セミナー出席者の集客に加えて、セミナー出席者の管理、受講票の管理、前日のリマインダーの送信、出席者管理、そしてセミナー後のお礼メールの送信にまで活用できます。

    マーケティングオートメーションでセミナー運営の効率化
    当社では、ほぼ毎週のようにセミナーを実施しています。上記の機能を活用して、少ない人数で効率よく運営できています。ご興味のある方は当社のマーケティングオートメーション・セミナーに登録して体感していただければと思います。

    マーケティングオートメーションの導入成功のための5つのカギ

    マーケティングオートメーションの機能や特徴を日々の運用で最大限に活かすことが大切です。マーケティングオートメーションの導入で成功するための5つのカギをご紹介します。

    1.マーケティングオートメーションの導入の目的を明確に

    マーケティングオートメーションも他のツールと同様に、その導入目的を明確にしておくことが大切です。

    マーケティングオートメーションを「とりあえず」で導入しても、なかなか目に見せる成果が出ません。

    マーケティングオートメーションの導入目的と成果について
    当社では、これまで5年で500以上のマーケティングオートメーションを見てきました。やはりマーケティングオートメーションの目的が明確であるお客さまほど、目に見える導入効果があります。

    マーケティングオートメーションの導入の目的を明確にすること。これがマーケティングオートメーションの導入時に最も大切なことです。

    もちろん、マーケティングオートメーションの導入後に目的が変更になっても構いません。むしろ、マーケティングオートメーションを使いこなすほど、その目的が変化することはある意味当然とも言えます。

    2.マーケティングオートメーションの機能よりも自社の業務プロセスに着目する

    マーケティングオートメーションの導入や運用では、マーケティングオートメーションの機能をいかに使いこなせるか?ではなく、マーケティングオートメーションによって、これらの業務のいずれかを効率化や自動化できるかどうかに着目しましょう。

    その後で、マーケティングオートメーションの機能に着目して、これまでマーケティング業務や営業活動でできていなかったことのうち、マーケティングオートメーションを活用して実現できそうなことを探し出します。

    3.届ける情報を準備する

    次に、届けるコンテンツについて検討します。

    マーケティングオートメーションを導入する時は、コンテンツはスモールスタートで考えてください。「まずは自社のWEB全体を改築しないといけない」と判断するケースを見かけます。半年や1年後では、機会損失になってしまいます。

    まずはすぐに作成できるコンテンツを活用して、マーケティングオートメーションでリードナーチャリングを始めること。メールコンテンツは、華美なHTMLメールでなくても、テキストメールでも十分です。

    HTMLメールについて
    HTMLメールは、メール本文をHTML言語で記述した形式のメールです。テキストメールでは実現が不可能な、フォントサイズ、レイアウト、配色、画像の本文への埋め込み、表の利用などができます。くわしくは「HTMLメールとは|メルマガ担当者が知っておきたい基本事項のまとめ」が参考になります。

    ある程度の成果が見えてきたなら、そこは思い切ってHTMLメールを外部業者に作成依頼しても良いのではないでしょうか。

    4.KPIの設定

    あなたのマーケティング活動のカギとなる指標(KPI)を探し出しましょう。

    自分でKPIを設定することが難しいと感じたら、営業に近いところから考えると簡単です。例えば、営業案件を月に○件作り出す、などのKPIを設定します。

    次に、「営業案件を月に○件作り出すためには?」を考えると、関連するKPIを作り出すことができるでしょう。新規見込み客の獲得、メールの反応率などもKPIとして採用できるかもしれません。

    上記のように、ある特定の数値をKPIとして設定することもできますし、「いついつまでに、メールの反応率を2ポイント改善する」などと数値の変化量をKPIとして設定することもできます。

    設定するKPIを達成すると、マーケティングオートメーションの導入目的を達成できる関係にあるKPIが理想的です。

    5.PDCAによってプロセスを改善する

    KPIを見ながら、業務の改善度合いを図ります。そして、マーケティング業務の効率や、マーケティングオートメーションでどこを改善するかをチェックし、そして次の計画をたて、実行していきます。

    マーケティングオートメーションを導入すると、これまで計測できなかった数値を見ることができるようになります。仮説を立てて、PDCAのサイクルの中で検証していくことが欠かせません。

    マーケティングオートメーションの代表的な活用事例・成功事例のパターン

    マーケティングオートメーションをうまく導入して、結果を出す企業が増えてきました。マーケティングオートメーションの活用と成功事例を紹介します。

    最もシンプルなマーケティングオートメーションの成功活用

    マーケティングオートメーションの最もシンプルな使い方は、問い合わせフォームを従来のものからマーケティングオートメーションで作成したものに変更する方法です。

    問い合わせ時に、問い合わせの背景にあるニーズが行動履歴から読めるため、初回の営業訪問の精度が向上し、案件クロージング率が改善します。

    マーケティングオートメーションで作成するフォームは、HTMLやCSSの知識がなくてもマウス操作だけで作成できるため、シンプルなデザインの問い合わせフォームならすぐに設置が可能です。

    タイミングよく見込み客に接触することで営業引合いの増加に

    マーケティングオートメーションをメール配信とWebアクセス分析に活用した例です。

    ある特定のWebアクセスをマーケティングオートメーションで検知し、メールを自動送信することでWeb問い合わせ数や営業引合い数を増やす活用方法です。

    見込み客のニーズをよりよく知るために、インサイドセールス部門によって電話で見込み客に接触することもあります。

    インサイドセールスについて
    インサイドセールスとは、内勤でメールや電話やWeb会議システムを使ってお客さまとコミュニケーションを取り、営業をするスタイルの営業(部門)を指します。くわしくは「インサイドセールスとは? 目的・業務内容・スキルを知ろう!」でまとめました。合わせてご覧ください。

    営業引合い数がマーケティングオートメーションの導入・活用によって、2〜3倍程度になったケースはよく耳にします。

    イベントからの営業引き合い数の増加

    展示会は従来通り出展しただけでは、その効果はイマイチと言えます。展示会来訪者は単に情報収集している人が大多数で、なかなか商談につながる見込み客と接触できない悩みがあります。

    展示会終了後に獲得した名刺情報をそのまま営業部門に引き渡しても、各営業担当者が名刺情報リストの途中まで電話して「どの見込み客もアポにつながらない・・・」とあきらめてしまうことが多くあります。

    そこで展示会のお礼メールを送り、マーケティングオートメーションの機能でメールの反応やWebアクセスの履歴を確認します。反応が良かった見込み客に購買行動を喚起する電話や営業活動を展開します。

    マーケティングオートメーションと営業活動の連携によって、展示会の出展効果が大幅アップするだけでなく、営業案件の勝率が従来の2倍近くになるマーケティングオートメーションの利用者もみかけます。

    マーケティングオートメーションの活用でテレアポ成功率が大幅改善

    マーケティングオートメーションとテレセールスやインサイドセールスとの組み合わせで、新規営業案件を探し出す利用方法もあります。

    テレアポでは一般的に、コンタクトリストの上から順番に電話をします。アポ取得確率が低いだけでなく、アポが取れても「あなたの会社がどうしても話を聞いてくれというので・・・」とお客さまが言い出す始末で、電話をかける担当者も、見込み客に接触する営業担当者も疲れてしまいます。

    マーケティングオートメーションを使うと、「行動が見られた見込み客(=購買行動をする見込み客)」を抽出することができます。この見込み客に電話をすると、テレアポの効率が10倍以上改善することが知られています。

    マーケティングオートメーションで営業効率の改善

    マーケティングオートメーションは、マーケティングや販売促進だけでなく、営業活動にも活用できます。

    営業現場では、営業活動時にお客さまとの接触を繰り返します。接触のタイミングの良し悪しは、営業担当者の勘と経験にどうしても依存しがちです。

    一方で、購買行動を進めるお客さまのほとんどが、購買行動のあらゆる場面でWebを通じて情報を収集したり整理したりする傾向にあります。

    マーケティングオートメーションを活用して、お客さまの購買行動を検知して営業担当者がお客さまに接触できれば、営業活動の質の底上げと効率化の両方を同時に実現できます。

    マーケティングオートメーションの営業活動への応用
    マーケティングオートメーションの営業活動への適応例を、「マーケティングオートメーションが営業活動でも使えるってホント?」にまとめました。合わせてごらんくださいませ。

    セミナーを効率よく運用

    マーケティングオートメーションは売上アップにつながる効果だけにとどまりません。自社セミナーの運用など、仕事の効率化にも活用できます。

    マーケティングオートメーションを使ってセミナーを運営すると、忙しい自社セミナーの以下のような運営に関する作業を効率化できます。

    効率化できるセミナーのタスク

  • セミナー開催案内と登録フォームを自分で作成
  • セミナーの集客対象をリスト化しメールでセミナーを案内
  • 案内メール未開封者に再度ご案内を送付して集客
  • セミナー受講票の発行(代理登録も可能)
  • 出席登録者に対してセミナー実施前にリマインダーメールの送付
  • セミナー当日出席者の管理
  • セミナー登録者のうち参加しなかった人に別の案内状を送付
  • セミナー実施後のオンラインアンケート
  • セミナー参加のお礼メールの送信
  • セミナー後にWeb行動履歴が見られる見込み客を抽出し営業担当者へと引き渡し
  • 自動化で業務が圧倒的に効率化

    マーケティングオートメーションの機能を活用すると、マーケティングオートメーション導入前に比べて大きく業務効率が改善します。

    先ほどご紹介したセミナーの運用に加えて、以下のような業務を自動化することで、業務効率を改善できます。

    マーケティングオートメーションの導入で効率化できる主な業務

  • Web問い合わせや資料請求した顧客リストをまとめる
  • Web問い合わせや資料請求した顧客の流入分析
  • Web問い合わせや資料請求した顧客へのメールでの自動追客
  • ある特定のURLに訪問した顧客の抽出とメールでの追客
  • セミナー集客メールの未開封者に対して自動メールフォローアップ
  • 自社の製品に大きく興味を抱いているだろう顧客のリスト化
  • 毎月送信するメルマガの自動化
  • マーケティングオートメーションはチームとして運用する企業もありますが、専任ではない担当者が他の業務と兼務で結果を出しているマーケティングオートメーションの利用者もたくさんいます。

    マーケティングオートメーションでは自動化のための機能を「シナリオ」と呼ぶことがあります。

    マーケティングオートメーションのシナリオについて
    マーケティングオートメーションの活用やシナリオ設計のやり方は、「マーケティングオートメーションの失敗しないシナリオ設計の始め方」が参考になります。合わせてごらんくださいませ。

    見込み客の獲得数を増やす

    マーケティングオートメーションを使うと、登録フォームの作成が無制限にかつ、自分で簡単に作成できます。この機能を活用して、資料ダウンロードフォームを作成します。

    特に法人向けのビジネスであれば、販売側にその事業に関するたくさんのノウハウがあるはずです。これらのノウハウを資料化して、マーケティングオートメーションのフォーム機能を利用してリードを獲得します。

    過去のセミナー資料、お客さま事例、提案資料の一部など、法人向けのビジネスをしているなら、社内にダウンロード資料として使えるPDFファイルはたくさんあるはずです。そして、もっとも簡単に見込み客情報が獲得できる手段でもあります。

    マーケティングオートメーションで流入分析をしながら、フォームを改良すると、マーケティングオートメーション導入前の3倍の見込み客数が獲得できるようになります。

    マーケティングオートメーションの成功事例のまとめ
    マーケティングオートメーションの導入事例や成功体験を「マーケティングオートメーションKairos3導入事例」でまとめました。お客さまの声やマーケティングオートメーションの効果をもっと知ることができるコンテンツです。

    マーケティングオートメーションの導入に関するよくある質問と誤解

    マーケティングオートメーションの導入を検討するお客さまからよくちょうだいするご質問にお答えする形でまとめました。

    WEBマーケ経験の豊富な専任担当者が必要である

    マーケティングオートメーションはデジタルマーケティングに活用できるツールです。確かにマーケティングオートメーションの運用には、デジタルマーケティングの知識があると便利です。

    マーケティングオートメーションを導入したお客さまで、マーケティングオートメーションの活用に悩んでおられるお客さまはデジタルマーケティングの知識というよりも、マーケティング(販売促進)に関する方策で悩んでいる傾向にあります。

    デジタルについては、マーケティング業務としてやるべきことが明確になれば、マーケティングオートメーションがある程度解決してくれる仕組みになっています。

    マーケティングオートメーションの事例を見ても、他の業務と兼任しているにもかかわらず大きな成果を出しているお客さまもいます。むしろ他の業務との兼任でマーケティングオートメーションの運用をしているお客さまの方が多いと感じています。

    マーケティングオートメーションの全ての機能を利用することが、マーケティングオートメーションを使いこなしていることである

    マーケティングオートメーションには機能が豊富にあります。

    なかには自社で必要のない機能もマーケティングオートメーションにあるかもしれません。自社の業務に関係のないマーケティングオートメーションの機能は確かに使いませんよね。

    マーケティングオートメーションは、自社の業務プロセスに着目して、その業務を効率化できる機能を利用しましょう。全てのマーケティングオートメーションの機能を利用する必要はありません。

    マーケティングオートメーションのフォーム機能、顧客管理、行動履歴のトラッキングだけを使って営業成約率を3倍に改善したお客さまもいらっしゃいます。

    マーケティングオートメーションのスコアが全てを解決する

    マーケティングオートメーションには、スコアリングという機能があります。

    マーケティングオートメーションのスコアリング機能について
    スコアリングとは、リード(見込み客)の購買に対する準備の度合いを知るための手法です。マーケティングオートメーションのリードスコアリング機能は言い換えれば、自社の営業引き合いになる確率に応じて、自社の顧客管理DBにおける見込み客のリストをランキングするために使います。くわしくは「誰でも結果が出せるスコアリングの設定・運用方法〜マーケティングオートメーションの活用方法」をごらんくださいませ。

    マーケティングオートメーションを使って見込み客の行動をスコアとして数値にすることで、スコアが高く商談につながりやすい有望な見込み客を抽出することができます。スコアリングは、マーケティングオートメーションの特徴的な機能です。

    しかしながら、マーケティングオートメーションのスコアリング機能を使わなくても、マーケティングオートメーションの導入の大きな効果を出している利用者も少なくありません。

    スコアリング機能をうまく活用するためには、マーケティングオートメーションで抽出した見込み客の行動がパターン化と、各パターンの優先度を数値化できていることが前提になります。

    マーケティングオートメーションを使って、見込み客の行動のパターンを認識できているだけでもその見込み客に対応ができるため、マーケティングオートメーションの成果が出ます。つまりスコアを活用しなくても、ある程度のマーケティングオートメーションの導入効果を得られることになります。

    自社にあったマーケティングオートメーションの選び方

    マーケティングオートメーションのツールは国内でも増えてきました。みなさんがマーケティングオートメーションを導入するときには、自社にあったマーケティングオートメーションを比較することになるでしょう。

    目的にあった機能を持つマーケティングオートメーションを選ぶ

    マーケティングオートメーションの多くはクラウド型です。クラウドの特徴は、必要な時だけ使い、そのとき利用した分だけ料金が発生することです。

    クラウド型のマーケティングオートメーションなら、そのときに必要な機能があるものを選ぶべきです。将来的に、別の機能が必要になったらマーケティングオートメーションを乗り換えれば良いでしょう。

    最初から、すぐに使わない機能を持つ高額なマーケティングオートメーションを導入すると、どうしても月額費用が高くなってしまうため、おすすめできません。

    また、Webサイト作成とマーケティングオートメーションが一体化したものを選ぶと、あなたの事業構造が変化してマーケティング施策を変更するためにマーケティングオートメーションを乗り換えることもあるでしょう。この際に、Webサイトも同時に失ってしまう可能性があります。

    全ての機能が一体化されたマーケティングオートメーションにはこのような注意点があります。

    初めての導入の場合はスモールスタートを

    これから初めてマーケティングオートメーションを導入する場合には、スモールスタートがオススメです。

    マーケティングオートメーションをスモールスタートで始めて、結果が出てきたらもっと機能がたくさんあるものや、自社の事業構造にあったものを選ぶことがオススメです。

    予算を抑えてマーケティングオートメーションを始められるだけでなく、マーケティングオートメーション乗り換え時に社内でのりん議もしやすくなります。

    マーケティングオートメーションを導入したにもかかわらずなかなか結果が出ないときには、マーケティングオートメーションの機能の見直しも必要ですが、自社のマーケティング施策そのものの見直しもしてみましょう。

    マーケティングオートメーションの比較

    当社でもマーケティングオートメーションを提供しています。マーケティングオートメーションの提供主の比較や広告型の比較サイトではなく、第三者が提供するマーケティングオートメーションの比較Webページを中心にご紹介したいと思います。


    プロモニスタ
    https://promonista.com/marketing-automation-tool/
    国内外の12種類のマーケティングオートメーションの比較をしています。情報がしっかりしています。


    Conty Note
    https://note.conty.co.jp/ma-11tools-comparison/
    国内外11種類のマーティングオートメーションについて、機能と価格を比較しています。


    マーケティングオートメーションの教科書
    https://marketingautomation.ne.jp/ma-tool/2017_ma_25tools/
    25種類のマーケティングオートメーションの概要について触れています。こういうマーケティングオートメーションがあるということがわかります。

    もっとマーケティングオートメーションについて学びたい時は

    当社でもマーケティングオートメーションの情報を積極的に開示していこうと思います。ご興味がございましたら、ぜひご検討くださいませ。

    無料マーケティングオートメーションセミナー
    https://www.kairosmarketing.net/seminar
    東京本社での対面型セミナーに加えて、どこからでも受講可能なオンライン型のマーケティングオートメーションのセミナーも開催しております。

    無料マーケティングオートメーションのノウハウ集
    https://www.kairosmarketing.net/material/marketing-automation-101
    約70ページの無料PDFにマーケティングオートメーションの概要から運用のノウハウまでをまとめました。ダウンロードは無料です。

    マーケティングオートメーションの導入事例
    https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/showcase
    マーケティングオートメーションのご利用者の成功体験や導入事例を公開しております。

    この記事の参考資料

    マーケティングオートメーション導入による効果や活用事例を解説しています。