メルマガのクリック率を劇的に改善する4つの戦術

2014年11月14日

あなたのメルマガをどれくらいの人が開封して、メルマガ本文内のリンクをクリックしているかご存じですか?

クリック率の分析すれば、あなたのメルマガやメールマーケティングの効果が改善され、多くの売上に結びつきます。

ここで紹介するクリック率を高める施策はどれもそんなに難しくありません。4つの施策を実行して、あなたのメルマガのクリック率を改善しましょう。

メルマガのクリック率とは?

メルマガのクリック率は、メルマガの効果を知るうえでの基本的な指標です。

メルマガのクリック率は、メルマガ本文内のリンクをクリックしてリンク先のWebページやランディングページヘとたどり着いた見込み客数を、実際のメルマガの配信数で割ったものです。

例えば、100通のメルマガを配信して、8人の受信者がメルマガ本文内のリンクをクリックした場合、メルマガの開封率は8%になります。

メルマガのクリック率は、あなたのメルマガの反応、つまり、あなたが促した行動を実際に取った見込み客の割合を表しています。

メルマガのクリック率をみれば、あなたのメルマガ配信によって購買に関わる行動や興味関心の変化を把握します。メルマガのクリック率が最大化すれば、あなたのメルマガ配信から売上につながる可能性が大きくなります。

メルマガのクリック率を改善するには、ここで紹介する4つのアプローチが有効です。是非みなさまのメルマガのクリック率向上の参考になれば幸いです。

1. 最も重要なリンクを上部に配置してメルマガのクリック率を稼ぐ

メルマガを読むために十分な時間を確保している人はごくまれです。たくさん受信したメールを処理する一環として、短時間でメルマガの本文に目を通す人がほとんどです。

したがって、あなたのメルマガのクリック率を高めるためには、あなたのメルマガの趣旨が開封後すぐに分かってもらえる必要があります。

メルマガのクリック率を改善するには、メルマガ本文内で最も重要なリンクの内容が明確で、かつ目に止まりやすくします。

メルマガのレイアウトは、メルマガの受信者はとても直感的にとらえます。つまり、メルマガの受信者がメルマガ本文内のリンクをクリックするかどうかは、そのリンクが直感的に目に飛び込んでくるかどうかに大きく依存しています。

メルマガで高いクリック率を得るためには、重要なリンクをメルマガの上部に配置することです。メルマガの本文をスクロールすることなくリンクを発見できます。当社の経験的にも、最上部にあるリンクは最もクリックされます。

2. リンクをクリックする理由を明示する

メルマガのクリック率を改善するためには、送信するメルマガの目的を明確にしなくてはなりません。つまり、

高いクリック率のメルマガ作成に必要な準備事項

  • そのメルマガの目的を設定する
  • メルマガのターゲットを明確にする
  • メルマガを読んだあとで、取ってもらいたい行動を決定する
  • がメルマガを作成する前に準備しておきます。

    一番最後の、取ってもらいたい行動は、CTA(Call To Action)と呼ばれます。CTAはメルマガは最も重視する要素であり、CTAの設定しだいでメルマガのクリック率を大きく左右します。

    高いクリック率のメルマガを目指すなら、メルマガを書き始めると同時にCTAを決定します。そして、メルマガの本文では常にCTAが最も目立つような構成を考えます。

    クリック率が高いメルマガでは、CTAは、

    メルマガのクリック率を高めるCTAのルール

  • メルマガ本文内でCTAがスクロール無しで見える場所に配置する
  • 色や文字を大きさを変更してCTAを目立つようにする
  • CTAの内容がひと目で分かるように明確に書く
  • このルールを守る必要があります。

    3.テストと最適化を繰り返す

    メルマガのクリック率に影響する要素は数え切れないくらいあり、決められた手順はありません。メルマガ本文のレイアウトや内容は業界や、メルマガ配信のターゲットによっても大きく異なります。

    メルマガのクリック率を改善するためのテストは、毎回地道に行いましょう。

    メルマガのレイアウトに変更を加えたり、CTAの位置や文言を変更するなど、毎回のメルマガ配信で1つテストを行います。同時に複数を変更してメルマガのクリック率が改善しても、その改善した理由が分からなければ継続して高いメルマガのクリック率を維持することができません。

    メルマガはHTMLメールが良いのか?

    メルマガのフォーマットについてよく質問を受けます。

    日本ではHTMLはあまり好まれなかった過去があります。ウイルスチェックで弾かれたり、画像がダウンロードされず不完全なメルマガが届くからです。

    メルマガの開封率を測定したいなら、HTMLメールが必須です。テキストメールでは、メルマガのクリック率は測定できますが、開封率はわかりません。

    HTMLメールをテキストメールのように使うこともできます。HTMLメールでありながら、文字を中心にしたメルマガを作成するだけです。BtoBマーケティングでは、メルマガの開封率とクリック率が定期的に測定できるため、HTMLメールでテキストメール風にしたメルマガが好まれています。
    参考 メルマガのテンプレートでチェックすべき8つのポイント|カイロスのマーケティングブログ

    4.セグメンテーションで高いメルマガのクリック率を目指す

    メルマガの受信者がそのメルマガを開封する理由は、メルマガ内の情報に左右されます。したがって、メルマガの受信者の興味関心が高い情報をメルマガで提供しなくては、メルマガのクリック率は改善されません。

    そのためにメルマガの受信者をニーズの塊で分類して、異なるメルマガを送信し、高いクリック率を目指します。
    参考 メルマガ配信のセグメンテーションの3つの例~よく見落とされがちなメルマガ配信の戦略|カイロスのマーケティングブログ

    メルマガのセグメンテーションをこれから手がけるなら、見込み客の属性で最も重要な要素を1つ取って、あなたのメルマガ配信リストを2つに分けるところから始めても効果が見られます。

    セグメンテーションを効果的に活用できるようになると、メルマガのクリック率が数%から、20-30%に改善されることもあります。

    参考 メルマガの開封率とクリック率(CTR)の現状と対策|カイロスのマーケティングブログ

    さいごに〜メルマガのクリック率を劇的に改善する4つの戦術

    メルマガのクリック率は、あなたのメルマガが売上に貢献度合いを知る上でのひとつの重要な指標です。ここで紹介したメルマガのクリック率を改善するための4つのアプローチを活用して、高いクリック率のメルマガを目指しましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加


    RSSとツイッターでも購読できます

    カイロスのマーケティングブログは、RSSとツイッターでもお届けしています。みなさまのBtoBマーケティングにお役に立てる質の高いコンテンツの提供を心がけています。

    RSS RSSで購読する       Twitter ツイッターで購読する