メルマガの開封率とクリック率(CTR)の現状と対策

2013年01月18日

メルマガの開封率とクリック率

メルマガは、お客さまに対して定期的に発行される企業からのメールである。メルマガは海外ではニュースレターなどとも呼ばれる。お客さまとの関係を維持しながら、新しい商談の機会を探ることを目的として、マーケティングではよく使われるツールだ。一度に多くのお客さまにメッセージを届けられるため効率的で、かつ、広告やダイレクトメールに比べれば送信コストも安い。

メルマガやニュースレターは、リードナーチャリングの一環としてアウトバウンドのマーケティング手法に位置づけられる。あなたの会社から、情報をメールでお客さまに届ける。どれだけのお客さまが、あなたのメールに関心を示し読んでいただけるだろうか?その指標が開封率である。開封率はメルマガの重要な指標である。

より高いメルマガの開封率には、メールの件名や差出人、送信時刻が重要と知られる。しかしそれだけでは不十分である。

本日は、メルマガの開封率などの統計情報にふれながら、開封率をあげる方法を紹介しよう。

メルマガの開封率の現状

メルマガの開封率は平均すればどれくらいだろうか。平均10%としておけばよいだろうか?経験的に、多くのメルマガはこの範囲に入ると言える(が、例外も実際にあった)。クリック率は、開封率の1/4程度だろう。もちろんメルマガの種類や内容によって異なる。

開封率とクリック率に関する米国の調査レポートがある。このレポートは12億通のマーケティングメールをベースに実施された。

メルマガの開封率とクリック率

この調査レポートでも、マーケティングメールの開封率は平均して11-12%である。一方でマーケティングメールのクリック率は約3%である。

金融やコンサルティング、運輸(航空など)が発行するメールは開封率が比較的高いが、医療やマスコミ、教育機関などが発行するメールの開封率は相対的に低いとも報告されている。

メルマガの開封率は、件名や差出人によって大きく左右することは広く知られているが、この業種による開封率の差は、件名と差出人が影響している可能性が高い。メールの件名と差出人は、やはり開封率に影響していると言えそうだ。

メルマガの開封者の半分は送信から6時間以内

ここで、もうひとうの米国のデータを紹介しよう。

メルマガ 開封率

図はメール送信からの時間と開封率との関係を示す。

送信してから2時間以内に全体の開封者の20%以上が開封する。(注:メルマガの開封率が10%なら、そのうちの20%、つまり全体からみて2%が2時間以内に開封)。送信後6時間で開封者の約半分に達する。

この開封のピークをどこに持ってくるか?開封率のピークを受信者がメールを見つけやすい時間帯にするべきである。つまり配信時刻が開封率を左右する。

米国内には最大3時間の時差がある。朝9時に配信したとしても最大で3時間のズレがある。サンフランシスコで朝9時に配信しても、ニューヨークで受信する人にとってはちょうどお昼だ。国内に時差が無い日本では、送信直後の開封率がもっと高くなるかもしれない。より送信時刻が開封率に影響しやすいと考えられる。

メルマガの送信数が開封率に影響

メルマガの開封率は、件名、差出人、配信時刻に左右される。しかしそれだけではない。同調査レポートでは、メルマガの送信数が開封率に影響するという結果を示す。より配信数が多くなるほど、開封率が下がるようだ。

配信数が500未満のマーケティングメールと、配信数が1,000以上のものを比べると、前者は後者にくらべて開封率が2-3倍になる。業種によって差はあるものの、配信数が増えれば開封率が下がる傾向は、どの業種でも共通して言える。(出典:MailerMailer )

この結果は、ターゲティングに影響しているのではないだろうか。つまり、ターゲットを絞り込めば、よりニーズにマッチした内容のメールを届けられる。必ずしも配信数が多い方が良いわけではない。

きっちりセグメンテーションを行ったターゲットを想定しておくべきだ。結果的に開封率が上がり、あなたが届けるメールは多くの人に読まれる結果となる。

まとめ

メルマガはの開封率をあげるためには、件名や差出人、送信時刻も重要だが、配信ターゲットを絞ることも重要だ。同じメルマガを全ての対象者に送るよりも、ターゲットにより個別のメルマガを用意すれば開封率はあがる。

メルマガは登録者数に一喜一憂してはいけない。あなたのメッセージがどれだけ多くの人に届くかがより重要だ。




RSSとツイッターでも購読できます

カイロスのマーケティングブログは、RSSとツイッターでもお届けしています。みなさまのBtoBマーケティングにお役に立てる質の高いコンテンツの提供を心がけています。

RSS RSSで購読する       Twitter ツイッターで購読する

Facebookでの登録お願いします